• HOME
  • 記事
  • 通貨
  • Dogecoin(DOGE)と柴犬トークン(SHIB)も?イローン・マスクの影響あり?価格に注目!

Dogecoin(DOGE)と柴犬トークン(SHIB)も?イローン・マスクの影響あり?価格に注目!

Dogecoinに注目が集まる?

柴犬をトレードマークとして知られるDogecoinドージコイン(DOGE)が、Spacex社とTesla社のCEOイーロン・マスクのツイートの影響で注目を浴びています。Bloombergの報道によると、イーロン・マスク氏は自身のツイッターでテスラ社が自動車購入の決済方法としてドージコイン(DOGE)を加えてほしいかどうかという投票を開始。これまでの投票結果は、「YES」に投票した人が78%を超えており、380万人以上のがすでに投票に参加しています。投票は、日本時間5月12日5時ごろに締め切り予定です。

Dogecoinドージコイン、イーロンマスクの発言で価格降下?

イーロン・マスクはアメリカの人気番組「サタデーナイトライブ」に5月8日、ホストとして出演しました。その際、パロディの設定でドージコイン(DOGE)をhustle(ハッソル)と呼んだことから価格が低下したと評価されています。

※hustleは、活発、強要するなどの意味がありますが、口語的な引用で日常的な金稼ぎという意味で用いられます。この「金稼ぎ」は必ずしも合法とは限らないというニュアンスが含まれるため、悪徳商法や詐欺と解釈されることもしばしばあります。

Dogecoinドージコイン(DOGE)の価格推移

参照:CoinMarketCap

ドージコインの3か月内の価格推移では、過去$0.004から$0.009の範囲でほぼ横ばいだった価格が、4月のはじめころから徐々に右肩上がりのグラフに移行していきます。4月17日、これまでの85倍となる$0.34の高値を記録。この直前の15日に、ドージコインのファンとして知られるイローン・マスク氏が、画家ジョアン・ミロの「月に吠える犬(Dog Barking at the Moon)」を引用してツイートしたことが、価格高騰をもたらしたといわれています。

参照:CoinMarketCap

1か月での価格推移をみると、4月の上昇傾向を受けて5月5日に$0.6のレジスタンスを突破したところから、8日には過去最高の$0.70を記録します。8日の高騰の背景には、イローン・マスク氏が「サタデーナイトライブ」への告知を「ドージファーザー」とニックネーム付きで公表したことが要因といわれています。その後、実際の番組放映中に、マスク氏の発言がきっかけで、価格反落が伝えられました。

17ドルで購入したShiba Inu tokenが590万ドルに?

ドージコイン(DOGE)に酷似し、ドージコインキラーの異名を持つ柴犬トークン(SHIB)です。クリプトジャーナリズムのThe Blockによると、2020年10月に2,000億トークンをわずか17ドルで購入した保有者は、現在の価格で650万ドル(約6億円)の価値を保有することになるといいます。また、分散型取引所のUniswapを通じて590万ドルで現金化することができると伝えています。柴犬トークン(SHIB)は、バイナンス(Binance)、フォビ(Huobi)、オーケーエックス(OKEx)に上場したばかりで、中国の暗号市場で人気が高まっています。

CoinGeckoによると、5月にはいりトークン価値は、0.0000015ドルから現在の0.00003ドルまで1,900%上昇したといいます。また、トークンの総供給量の50%は、流動性を確保するためにUniswapにロックされます。さらに残りの50%は、イーサリアム共同創設者であるVitalik Buterin氏が保有するよう設定されていることから、柴犬トークン(SHIB)による恩恵を多分に受けている一人です。

 

 

関連記事一覧