SBIホールディングス、スイスSIXグループと合併会社をシンガポールでローンチ!

SBIホールディングスの子会社であるSBIデジタルアセットホールディングスは、スイスを拠点とする証券取引所SIXグループの子会社にあたる、SIX Digital Exchangeと合併会社をシンガポールにローンチすると発表しました。

SBIホールディングス、合併会社をシンガポールに

公式ページの発表によると、SBIホールディングス傘下で、デジタル資産関連事業を行うSBIデジタルアセットホールディングスは、スイスの証券取引所が運営する仮想通貨取引所SIX Digital Exchangeと共同でシンガポールで、機関投資家向けとなるデジタル資産の発行、取引、保管におけるの機能提供サービスを開始することとなりました。この合併会社では、既存の有価証券やその他資産をトークン化し、これまで取引不可であった資産の取り扱いが可能になると伝えています。

スイス拠点SIX Digital Exchangeとは

SIX Digital Exchangeは、大手証券取引所であるスイス証券取引所を運営するSIXグループであり、ヨーロッパ圏でデジタル資産の取引や決済代行サービスを提供する企業。同社は2019年に、欧州でデジタル資産事業を推進しているドイツのBoerse Stuttgart Digital Exchange および、Boerse Stuttgart Digital Venturesの2社に投資を行っています。同2社は、ドイツではトップ3位に入る証券取引所で、Boerse Stuttgart傘下のグループ企業として知られています。

SBIデジタルアセットホールディングス

2018年4月より始動し始めたSBIデジタルアセットホールディングス株式会社は、デジタル資産関連事業の統括や運営を行うSBIホールディングスのグループ企業です。代表は、SBIセキュリティソリューションのCEOおよびSBI R3の CTOも兼任するフェルナンド・ルイス・バスケス・カオ氏。2020年3月決算で、純利益15億1500万円を計上するグループ内中核のディビジョンです。

SBIホールディングス、デジタルトランスフォーメーション拡大

SBIホールディングス株式会社は12月8日、米ボストンに拠点を置くDataRobot, Inc.と、戦略的資本業務提携を締結しました。DataRobot社は、AIプログラミングを自動化するエンタープライズAIプラットフォーム「DataRobot」と、AIネイティブな戦略的エンジニアチームによる、AI先導組織を確立するための支援プログラム「AIサクセスプログラム」を提供している企業です。

SBIグループでは、2012年8月に企業内の横断的なプロジェクトとして、「ビッグデータ室」を設置しました。グループ内のインフラ情報と外部データを取り入れた「Biggerデータ」を用い、これまでにAIプロジェクトの企画や開発を手掛けるほか、2017年には「DataRobot」も導入。今回の提携では、SBIグループの包括的なAIドリブン化展開と、資本業務提携する地方銀行におけるAI利活用とAIリテラシー向上に役立てたい意向を示しています。

関連記事一覧