• HOME
  • 記事
  • 通貨
  • RippleのXRPが突然の高騰?ビットコイン(BTC)、イーサ(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)も上昇の兆し!

RippleのXRPが突然の高騰?ビットコイン(BTC)、イーサ(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)も上昇の兆し!

2020年1月6日、世界で3番目の市場価値を保有するリップルのXRPが、10%の上昇を見せました。この動向がビットコイン(BTC)、イーサ(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)の価格にも影響を与えると見られています。

リップルのXRPが10%上昇!ビットコイン(BTC)他にも影響が?

参照:CoinMarketCap

リップルのXRPは6日、10%ほど上昇して市場をリードし、7日さらに0.22ドルまで値を上げました。その影響をうけてか、ビットコインキャッシュ(BCH)は約5%上昇さらに、イーサ(ETH)は3%上昇しています。

参照:CoinMarketCap

ビットコイン(BTC)も7日になって7,924ドルまで上昇し、2020年年明けからの価格は右肩あがりを示しています。

リップルXRP価格上昇はBinanceのテザー契約先物取引が要因!

最大手仮想通貨取引所のバイナンスは、1月6日、リップルXRPとテザーの先物取引契約を開始すると発表しました。XRP/USDTの先物取引契約では1倍から75倍までのレバレッジが選択できます。バイナンスでのテザー契約はビットコイン(BTC)、イーサ(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)に続く4つ目となりました。今回のXRP上昇の要因とも考えられています。

2020年の仮想通貨市場はどうなる?

リップルが配信するRipple Dropの中で、リップルCEOのBrad Garlinghouse氏をはじめとする主要な人物が2019年の印象や2020年以降の将来的展望について語っています。2019年のサマリーとしては、RippleNetが世間に新たなソリューションとしてのプラットフォームを検証したというGoodNewsであったと言います。また最も改新的なニュースに、Facebookのリブラプロジェクトを挙げ、仮想通貨やブロックチェーンの新たな側面を開拓するきっかけを与えたと言及しています。

2020年以降は世の中に出回っている仮想通貨やアルトコインなどのデジタルアセットはほとんどが自然淘汰されるだろう。すでに公言しているが、99%の既存のコインはなくなるだろうと思っている。

リップルCEO Brad Garlinghouse氏

 

2020年はさらにブロックチェーンテクノロジーの革新が進むだろう。ソリューション計画ではなく、本当に問題解決となる実践ソリューションが表れるのを期待している。

リップルCTO David Schwartz氏

 

2020年以降の仮想通貨市場では、金融エコシステムを覆すインフラストラクチャーが形成されていくだろう。お金を送金、移動、支払いなどどの作業についても、近い将来に仮想通貨もしくはブロックチェーンを介さずにはできない世の中になるだろう。

リップルSVP.Xpring Ethan Beard

 

関連記事一覧