ビットコイン(BTC)は永久的な強気市場?投資家がビットコイン(BTC)再蓄積モードへ

ビットコイン(BTC)の価格は、200週間移動平均(200WMA)による推移で、常にプロフィットがあるというデータが検証されています。ビットコイン(BTC)は半永久的に強気市場で、投資家の動向にビットコイン(BTC)再蓄積が見られると仮想通貨のアナリスト達は分析しています。

ビットコイン(BTC)は永久的に強気市場?

ビットコイン(BTC)の価格は、今年9月以降大幅に下落しました。 しかしビットコインの価格予測ツール「Stock-to-Flow」の開発元「PlanB」の分析によると、200週間移動平均(200WMA)でみるビットコイン価格は、下がっていないという結果が出ています。12月28日付けでアップロードされたチャートで、その推移を確認することができます。短期的な計測ではどの期間を抜粋しても、プロフィットがあり、現時点での成長率は約3%で、約150ドルに相当しています。

ビットコイン(BTC)は強気市場への再蓄積期間

Forbesと仮想通貨メディアCoinDeskの筆者として活躍、また2017年にアナリストのトップ5に選ばれたWilly Woo氏は、ビットコイン価格についてTwitterで言及しています。

ウー氏はTwiiterで、チャート中に示された①から③の長期的レンジ相場のような状況を繰り返していることを指摘しています。一番最近のこのレンジ傾向は、2018年12月の時点に現れました。指標から約3,100ドルだったビットコイン(BTC)は、約6,000ドルあたりをレジスタンスとした上昇トレンド傾向にあると読むことができます。全体の統計では、ビットコイン(BTC)は、常にこのレンジ内にあり、長期的に強気市場のトレンドを示していることが指標の構造から見て取れます。

ビットコイン(BTC)投資家は長期保有へ

2018年12月から2019年4月ごろにかけてビットコイン(BTC)価格は、1万4,000ドル近くまで上昇しました。ところが売りに走る投資家は少なく、ビットコイン(BTC)供給の約70%が保管されたままだといいます。

投資家がビットコイン(BTC)の売りに興じなかった原因を2020年の半減時期への対策とする見方が強く、この傾向はしばらく続くと考えられています。

ビットコイン(BTC)のハッシュレートはうなぎ登りに

ビットコイン(BTC)価格に比例すると予測されるハッシュレート値が、上昇し続けているという現象が現れました。ハッシュレートは、マイナーがトランザクションの処理に専念できるコンピューティングパワーの量の指標です。ビットコイン(BTC)価格の低下では、採掘者の収益性に反映しないにも関わらず、ハッシュレートが右肩上がりの状況は今年5月あたりから11月まで継続していました。11月23日にはこれまでの最高値を記録しています。

ビットコイン難易度チャートは、難易度調整(増加と減少の両方)を伴うビットコインマイニング難易度チャート値を視覚化する履歴データグラフです。このチャートに、マイナーがマイニングピッチを上げ始めた5月から11月の推移が示されています。

 

 

 

 

 

関連記事一覧