ビットコイン

仮想通貨ビットコイン(BTC)の現状

仮想通貨の盟主であるビットコイン(Bitcoin)は、今年の6月に入って、急激に価格を伸ばしました。

その後は、上値を下げさせられるものの、下値は崩されない状況が続くこの3カ月。

完全な三角フラッグでしたので、上なのか下なのかは分かりませんが、近いうちにこの形が崩れる事は予想されていました。

今年の年末に向け、ビットコインや主要アルトコインに対して、ポジティブな話も多く聞かれました。

これは、去年1年間が、仮想通貨全体に対し、あまりにもネガティブな年であり、仮想通貨に興味を持った一般ユーザーたちも、ドンドン離れていくような年であったため、今年に期待する声が多かったためでもあります。

それが、9月24日から20%以上ビットコインは下落。

もちろん、ほとんどのアルトコインも、前にならえと大幅に下落。

原因は一体何なのか?

ビットコインのハッシュレートの下落(マイナーの陰謀?)。

期待されていたバックト(Bakkt)の先物の初日が、それほど盛り上がらなかった。

大口のロングの手仕舞い。

色んな話があり、複数の要素が絡んでいるかもしれず、実際のところ確実なことは分かりません。

更なる下落の声も聴かれる一方で、投資する側からは、これだけ下がったので、ロング(買い)で入りやすくなったとの声も聴かれているようです。

いずれにしましても、しばらくは仮想通貨の価格に、目が離せなくなりました。

バックト(Bakkt)の記事はこちら

関連記事一覧