• HOME
  • 記事
  • 海外ニュース
  • Binance(バイナンス)とCoinbase(コインベース)へのアクセス急上昇!!ビットコイン高値の影響か?

Binance(バイナンス)とCoinbase(コインベース)へのアクセス急上昇!!ビットコイン高値の影響か?

2019年第一四半期でもっともアクセスの多い2大仮想通貨取引所は、バイナンスとコインベースであることがアナリストの最近の調査で明らかになりました。

2018年10月以降のサイトへのアクセス数解析

トロントを拠点としているアナリストKevin Rooke氏の調べによると、バイナンスとコインベースのサイトを訪問するトラフィックが顕著に増大したことが分かりました。

グラフの結果から、バイナンスは1日に118万回の訪問人数を数え4月度のみでこれまでの13%を上回る数字を記録しています。同様にコインベースは93万人の訪問数でこれも通常の27%増という数字で、7カ月間の間の最高値を記録したことになります。また平均的な訪問数が1日40万人という数字と比較しても、バイナンスとコインベースが群をぬいてハイトラフィックであったということが如実に現れる数字となりました。

毎日100万人以上がアクセスするバイナンスの解析

バイナンスは世界で取引量が最も多い仮想通貨取引所として知られており、5月7日に受けたハッキングによって7000BTCを紛失したことは市場に大きなショックを与えました。この事件を受けてCEOであるChangpeng Zhao(CZ)氏は11日にセキュリティのアップデートについて声明を発表しています。具体的な対策として、APIや二段階認証(2FA)、引出しの認証プロセスなどを大幅に変更する計画がある他、リスクマネージメントや顧客の動向分析、顧客管理、フィッシング対策なども見直し、プラットフォーム自体のバックエンドセキュリティも強化していく方針を明らかにしました。今回のハッキング被害はバイナンスのSAFUファンドから補填されることにより、顧客への影響はないとしています。また現在資産の預け入れと引き出し手続きの再開に努めているということです。

アメリカ最大の取引所コインベースの解析

アナリストの調べによって2番目にトラフィックが多く確認されたアメリカ最大の仮想通貨取引所コインベース。増加率からみるビジター数は最高の27%を記録しています。最近同社は、コインベースウォレットにDogecoin(DOGE)を追加したと発表していますが、これによってデビットカードの高額手数料と増税を招くため、コミュニティの反発が予想されます。

トラフィックの背後にはビットコインブームが?

バイナンスとコインベースのトラフィックが増加した4月、比例するように仮想通貨全体の金利が最大24%まで増加する現象がみられました。ビットコインの買いは、5月上旬の取引セッションにさらに波及し5月9日、2018年に資産が下落した際の歴史的なサポート水準である6,000ドルを超えています。このあとも順調に価格を伸ばし、5月13日現在BTC/USDは年間最高値の7028.60ドルを記録。

またビットコインの価格上昇とともにグーグル中国のBaiduでのビットコイン関連のキーワード検索数の増加と比例する興味深い結果も得られています。Baiduの調査では、2017年中国政府が中国人民銀行(PBOC)支援のために仮想通貨禁止措置をとったにも関わらず、結果的にはビットコインを後押しする現象が現れたといえます。同様にグーグルでも、ビットコインの上昇に合わせて「なぜビットコインが価格上昇した」のような質問形式によってビットコインの検索が盛んにおこなわれているという面白い結果を見ることができます。

関連記事一覧