トークンキャッチ画像

トークン(token)とは?

ここ数年、トークンは仮想通貨とセットで使用されることが多い用語になっていますが、もともとの意味は何でしょう? また仮想通貨との違いは? ちょっと調べてみました。

トークンの一般的な意味合い

商品券とスタンプカード画像

トークンといえば、最近では仮想通貨と並んで使用される言葉ですが、元来、貨幣としての役割だけを表しているのではありません。さまざまな意味合いがあります。

辞書を引きますと、象徴、形見、しるし、証拠品、記念品、引換券、代用貨幣と出てきます。

通販で買い物をして付いたポイントもトークンです。食事をした際にお店で出すスタンプカードも同じです。

一般的な意味合いのトークンは、「価値あるものやサービスと交換できる代用のもの」と考えることができます。

次は、これらの意味合いを踏まえて、仮想通貨における「トークン」です。

仮想通貨界隈でのトークンの意味合い

ブロックチェーン画像

一般的な意味合いとして、トークンが「価値あるものやサービスと交換できる代用のもの」であるならば、「価値のあるもの=お金=仮想通貨=トークン」といった数式も成り立つと考えることもできます。ですが、仮想通貨界隈では、仮想通貨とトークンを“別物”として設定しています。その理由には、基盤となっているブロックチェーン技術にあります。

仮想通貨もトークンもブロックチェーン技術を用いて作られていますが、その持ち主が違います。

仮想通貨の場合

オリジナルのブロックチェーンの上で作成され、発行されている
・中央管理者は存在しない
【代表的な仮想通貨】:ビットコインイーサリアムなど

トークンの場合

既存のブロックチェーンの上で作られ、発行される
・企業や特定の個人、そして団体による管理が行われている
【代表的なトークン】:バイナンスコイン(BNB)、フィスココイン(FSCC)、コムサ(CMS)、CETトークン(CoinEx)など

仮想通貨におけるトークンは他のブロックチェーンを借りて、その上で作成され、発行された「通貨と同等に価値のあるもの」なのです。

身近なもので例えるなら、住んでいる家が、「持ち家」か「間借りしている家」かの違いと考えると理解しやすいと思います。

おすすめトークン

    • BNBトークン…2017年に中国で設立され、「世界一」の呼び名があるバイナンス(BINANCE)が発行しています。取引手数料が半分で済みます。
    • HTトークン…香港に拠点を置く取引所のフォビ(Houbi)が発行しています。10%〜50%の手数料割引を受けることができます。ただし、VIP会員に申し込まなければなりません。
    • FTトークン…フォビの元最高技術責任者であるZhang Jian氏が創設したエフコイン(Fcoin)取引所が発行しています。取引所の利益80%を配当金としてもらうことができます。
    • OKBトークン…バイナンスに次いで取引高がランキング2位のオーケーイーエックス(OKEx)が発行しています。OKBトークンを保有しているだけで、配当として利益の50%が還元されます。

注意:これらの取引所は海外の取引所です。トークンを売買をするには、まず国内の取引所でビットコインなどを購入することを忘れずに。

トークンが誕生した目的は? ICOの存在

ICO画像

ずばり、『資金調達』のために誕生しました。

企業や事業プロジェクトが資金集めとして行うICO(Initial Coin Offering/新規仮想通貨公開)は、企業や事業プロジェクトがトークンやコインを発行し、参加者がそのトークンやコインを買います。ICOは発行者側、参加者側とも一切の資格や制限がありません。安価なトークンも存在し、簡単に獲得することもできます。ICOで打ち出したプロジェクトが上手くいけば、対象となったトークンは価値が上がり、発行者側は利益を得ることができます。別名「クルドセール」や「オプリセール」、「トークンセール」と呼ばれています。

仮想通貨業界におけるトークンはICOでの使用目的が強いです。例えば、上記で取り上げたいくつかのトークンの中にある「コムサ(COMSA)」はICOプロジェクトから作られました。実際、コムサプロジェクトは、100億円もの調達に成功しています。

その他にトークンが活躍する場 dAppsゲーム

くりぷ豚
引用元:くりぷ豚 | 市場 – Crypt-Oink

dAppsゲームの多くはイーサリアムのブロックチェーンをベースとして構築されています。dAppsゲーム内で使用できる代用通貨がERCトークンです。ERCとはEthereum Request for Commentsの略語で、イーサリアムで発行しているトークンの仕様を決定しているといった意味があります。ERC20なら20番目に、ERC721なら721番目に提案されたものと解釈します。

複数あるERCトークンの中でも一番使用されているのが、ERC20トークンです。FT(Fungible Token/ファンジブル・トークン)とも呼ばれ、代替が可能なトークンです。誰がもっていてもそのトークンは同じ価値があるという意味です。ERC20の欠点としては、誤ったアドレスに送金した場合、送り主の手元に戻ってこないことです。

ERC20はゲームの他に、ウォレット仮想通貨取引所、そしてDEX(分散型取引所)などでも使用することができます。

その他によく知られているトークンとしてERC223ERC721があります。前者はERC20の課題を解決するために開発されました。「token fallback」というスマートコントラクト(自動化された契約)に対応していないトークンが送られてきた時に、自動的に送り返す機能が付いています。後者はERC20と後方互換性がありつつ、NFT(Non-Fungible Token/ノン・ファンジブル・トークン)と呼ばれる代替が不可能なトークンです。その特徴として、所有者の名前など固有のデータを入れることができるようになっています。

ERC721機能を用いて作られたdAppsゲームとして、

  • くりぷ豚(くりぷとん)
  • CryptoKitties(クリプトキティーズ)
  • ETH TOWN(イーサタウン)
  • Etheremon(イーサエモン)

などががあります。人気のあるゲームばかりです。もちろん、名前などのデータも記録されます。

その他にもERCトークンは数種類あります。

まとめ

ICO画像2

トークンは

    • ・仮想通貨より容易に作成、発行ができる

 

    • ・発行枚数は発行者次第で決まる

 

    ・購入する際に仲介者が存在しないので取引手数料はかからない

といったメリットがあります。ですがその一方で、発行者(個人や企業)が打ち出しているサービス内でしか使えない、ICOのプロジェクトが失敗したり停滞すると対象のトークン自体の価格が下がるといったデメリットも生じます。トークンを取り巻く環境や動向をしっかりと把握した上で、購入の有無を決めましょう。

関連記事一覧