Bit-Mの独自トークン『BMB』の限定予約枠が完売  IEOプロジェクトがスタート!

暗号通貨取引所Bit-M Exchange(以下、Bit-M)は、Bit-Mが発行するオリジナルトークン『Bit-M Token(BMB)』の上場前に予約受付イベントを2回に分けて開催しました。

2019年3月8日に第1回のBMB予約イベントとし1,000万BMBの予約受付を募集。開始初日は当日枠をわずか9分で完売しました。またBMB最後の独占プレイスメントとして2019年3月18日に2,000万BMBを上限とする第2回のBMB予約受付を開始し、こちらも約26時間で完売しています。

Bit-Mは2019年3月21日にBMBのIEOプロジェクトのファーストラウンドをスタートし、開始6時間後にプレセール価格から40%の上昇を記録しました。

BMBはBit-Mのグローバルビジネス及び、エコシステムのあらゆる種類のアプリケーションで使用され、エコシステムの重要な役割を果たすトークンです。

新しい東南アジアの主要なデジタル資産取引プラットフォームとして、Bit-Mは幅広いユーザー基盤と注目すべき市場深度を持ち、IEOプログラムの発表により、プラットフォームアプリケーションのシナリオとBMBの価値は大きく拡大され強化されます。BIt-Mでは2019年3月24日にはDASTが、2019年3月25日にはWEIPAYのIEOプロジェクトがローンチされています。

Bit-Mは、ブロックチェーン産業の発展に貢献するスタートアップや潜在的なプロジェクトを支援し、Bit-Mの生態学的発展を改善します。BMBの詳細は公式ウェブサイトで共有される予定です。

■「Bit-M Exchange」について

「Bit-M」は東南アジアに拠点を置く仮想通貨取引所としてグローバルにサービスを提供しています。大手仮想通貨取引所の「Bit-Z」と戦略的パートナーシップを終結。Wowoo及びWowoo Exchangeと協力体制にあるオウケイウェイヴ子会社(Okfinc社)や世界トップレベルのサイバーセキュリティ会社Palantirと提携し次のレベルのセキュリティを導入。またBit-Mは、世界初のNFCベースのハードウェアウォレットを展開するKeypairとも提携しています。

Bit-M Exchange          : https://www.bit-m.com/

Bit-M 公式Telegram(English Ver.) : https://t.me/BitMOfficial

Bit-M 公式Telegram(Japanese Ver.): https://t.me/BitMJP

Bit-M 公式FaceBook        : https://www.facebook.com/BitMexc

Bit-M YouTube          : https://www.youtube.com/channel/UC8EI6YK8kL9YDL9iCDy7-RA

Bit-M Twitter          : https://twitter.com/BitM_Exchange

配信元:@PRESS

関連記事一覧