ホワイトリスト

ホワイトリストとは、一般的には、注意や警戒が必要な対象の一覧の事を「ブラックリスト」と呼びますが、その逆で注意・警戒が必要のない一覧の事になります。

仮想通貨業界でのホワイトリストも、基本的には同じような意味合いです。

実際には、金融庁認可した仮想通貨登録業者が取り扱っている、仮想通貨の事になります。

ちなみに、ホワイトリストという言葉は、正式な言葉ではなく、いわゆる仮想通貨業界での俗語です。

では、ホワイトリストの通貨にはどんなものがあるかというと、仮想通貨の中でも比較的メジャーな、

Bitcoin
Ethereum
XRP
・MONA
・NEM
・Litecoin

など、およそ20種類の通貨です。

世界的には1,000種類以上の仮想通貨がありますから、ごくごく一部の通貨になります。

日本では、投資家保護の観点から、交換事業者の認可がかなり厳しいので、多くの投資家が海外の取引所を利用しているのが実情ですが・・・。

匿名通貨などは現状の日本では、リストに載るのはかなり難しいと思われます。

また、ホワイトリストに載っているから、その通貨への投資自体が安全というわけでは、もちろんありません。

そのような通貨であっても、暴落する可能性はあるわけですから、自己責任で十分に注意して投資を行なって下さい。

関連記事一覧